VOICE 生産者の声/ポークウインナー

3~4年をかけて育てた健康な豚一頭を、
無駄なく使いきること。

「平牧工房」はその名の通り、平田牧場の豚肉を使用しています。遺伝子組み換え作物や収穫後農薬を使用しない飼料で飼育され、清潔な肥育環境で育つ「平牧三元豚」のウデ肉などの部位や端材がウインナーの原料です。また、副原料のポークエキスは平田牧場の三元豚の骨を水から煮出して作っています。
平田牧場の豚は親豚の種付けから始めるので、ウインナーを作るのにも3、4年かかります。私たちの豚肉加工の原点は素性の確かな豚一頭を無駄なく使いきり“生命をいただく”ことにあると思っています。

(生産者:(株)平牧工房 幸田 祐治さん)